豊洲元年市場移転の年に語る⑮/田口弘之第一水産社長

2018年4月5日

クリックで画像を大きく表示します

「“売り”さえすれば魚はついてくる」と思いを語る田口第一水産社長

 就任以来、築地市場の水産卸トップで最長となる30年以上にわたりその任を務めてきた第一水産の田口弘之社長は4年前に「〝売り〟さえすれば魚はついてくる」と豊洲市場の移転後について意欲的に語っていたて。開場まで7か月を切った今、改めて田口氏にインタビューした。

 ◆田口社長/思いは変わっていない。「築地ブランド」を「豊洲ブランド」に変えるのが僕らの責任[....]