藻場造成にもひと役、保護育成礁の効果確認/神鋼建材工業

2020年10月15日

多くのメバル類幼魚などが集まる保護育成礁

 神鋼建材工業㈱(本社=兵庫・尼崎市、工藤寛社長)は8月、JF江田島漁協(松岡義秋組合長)の協力を得て、広島・江田島市地先の造成漁場で多くのメバル類幼魚のほか、各種成魚の群れ、海藻の繁茂を確認した。水圏リサーチ㈱(広島市)に委託した潜水調査などで明らかにした。[....]