絵本「しらすどん」刊行

2021年8月6日

著者の最勝寺さん。原画展は10日まで開催中

 神奈川県小田原市在住の絵本作家、最勝寺朋子さんのデビュー作「しらすどん」がこのほど岩崎書店から刊行された。主人公の「りょうくん」がお母さんの作ってくれたシラス丼に乗っていたシラスを1匹だけ食べ残したことから始まる物語だ。

 食卓の魚がどこから来るのかという食育のテーマや食品ロス、生命の起源に至るまでさまざまな要素が詰まった斬新なストーリー展開で、大人も子供も楽しめる作品に仕上がっている。

 本書の魅力は、「顕微鏡を買って自宅で観察した」というシラスの精緻なイラスト。徹底的な取材を重ね、水族館や博物館で魚の生態や形質について詳しく学んだ。シラス漁にも同行し、網の動きは模型を作って自宅の浴槽で観察したという。

 小田原の自然の中で育ち、海を身近に感じていたという最勝寺さん。「身近な環境問題に取り組みながら、人々の暮らしをよりよくするものを探したい」と、大学時代は魚介類の加工場から出る廃棄物を原料にしたサプリメントの研究に関わった。[....]