空輸サケ フィレー買付け安定

2021年8月3日

 財務省の通関統計によると、空輸による6月の生鮮サケ・マス輸入は、頭付き製品がほぼ前年並みにまで挽回する一方、ノルウェー主体のフィレー製品は順調に搬入し、空輸全体では単価高にもかかわらず輸入量が増えている。おおむね順調なうちに1~6月上半期を折り返した。

「生鮮サケフィレーの月別輸入推移」「生鮮(空輸)アトランティックサーモンの主要国別輸入推移」本紙参照[....]