漁業技能測定試験(漁業・養殖業)、国内で開始/大日本水産会

2021年2月4日

インドネシアの水産高校での試験

 大日本水産会は、特定技能制度における漁業技能測定試験(漁業・養殖業)をこれまで海外で行ってきたが、このたび日本国内でも実施することにした。試験日(予定)は3月11~19日。受験対象は在留資格をもつ外国人。4月以降の日程は今後検討のうえ、大日本水産会ホームページ(HP)に掲載予定。受験料は税込み8000円。

 申込開始日は3月1日(予定)。試験についての最新情報は、大日本水産会HP上で更新されるので確認でき、漁業および養殖業の試験実施要領は法務省HPで確認できる。

 試験場所は、農業や自動車業界などでも行っているプロメトリック㈱が提供するCBT(コンピュータ・べースド・テスティング)試験会場(CBT方式=テストセンターでコンピューターを使用して出題、解答する形式。47都道府県に設置。会場は国内試験の申し込みリンクから確認)。[....]