漁協組合学校が入学式、将来の漁村リーダーに

2022年4月13日

吉田校長(前列㊨から2人目)らと新入生

 全国漁業協同組合学校の第83期生となる2022年度入学式が7日、千葉・柏市の同校内で開かれた。今年は18歳7人と22歳1人(いずれも1日現在)の合計8人が入学。18歳の7人は北海道の松前、別海、紋別、雄武(2人)、枝幸、羽幌高校を卒業。22歳の1人は広島経済大学経営学部を卒業後の入学となる。

 校歌斉唱のあと吉田博身校長は訓示を述べ、新たな民法のもとでは18歳は成人であることなどに触れつつ、「皆さんは1年後にはJFの若き担い手として、漁協現場の真っただ中に入る。[....]