水道水でワサビを平地栽培、ライティアが秋に商品化

2018年4月23日

 低コストで効率よく水質を改善する「ハイブリッド氷蓄熱-溶存酸素発生装置」を設計施工するライティア(松浦市、古川すま子社長)は、和食や刺身に欠かせないワサビを水道水で育てる栽培試験に着手、山間地の清流でしか育たないワサビの栽培を一変させる画期的な技術として注目を集めそう。[....]