水産改革QA⑪黒萩慎吾栽培養殖課長、もうかる産業

2018年10月5日

 成長産業化の柱の一つに養殖業の振興がある。漁業権の優先順位の廃止、空き漁場の有効活用の打ち出しに関連し給過剰による値崩れが起き、既存生産者が排除されてしまうのではないかという不安の声が強い。養殖業の需給、マーケット対策を中心に、水産庁栽培養殖課の黒萩真悟課長に聞いた。[....]