水中ロボ、無線で操作 

2021年10月26日

クリックで画像を大きく表示します

水中での光無線通信に成功した実証実験

 ソフトバンク㈱と東京海洋大学の後藤慎平助教ら研究チームは22日、陸上のコントローラー(PC)と水中の遠隔操作ロボット(ROV)をケーブルでつながず、光無線通信でリアルタイムに制御する実証実験に成功したと発表した。2台の通信機同士が自動で互いを捕捉し合うトラッキング技術の開発によるもので、通信距離を伸ばすことができればより効率的な資源管理など新たな市場創出も期待される。

       ◇       ◇       ◇

 今回の実験は、陸上のPCから与えられる指示を送る送信機(親機)と、その指示を受けROVへ伝える受信機(子機)で構成される。PCと親機、子機とROVは有線でつながっているが、親機と子機の間は、水中でも減退が少ない光無線で指示を伝達する。[....]