札幌市場/上半期扱い前年割れ、コロナで鮮サンマなど大幅減

2020年10月8日

 札幌市中央卸売市場水産物部の2020年度上半期(4~9月)の取扱高は、生鮮サンマや冷凍ニシンなどの入荷減から前年同期比11・1%減の3万113トンと減少。新型コロナウイルス禍で単価が伸び悩んだ影響から金額は17・5%減の322億円と、数量以上の落ち込みと

「札幌市場の取り扱い(2020年度上半期<4~9月>)」本紙参照[....]