新田サドベリースクールで「お魚教室」、山陰旋網漁協

2020年7月20日

真剣な顔つきで魚を捌く子供たち

 山陰旋網漁協(岩田祐二組合長)はこのほど、鳥取県智頭町の新田サドベリースクールで「お魚教室」を開催した。同校は子供たちの自主性を尊重した米国発祥のフリースクールに準じた学校。6~22歳の子供や大人が興味あるものについて自身のペースで学んでいる。「お魚教室」は2年前から毎年1回開催し、今年で3回目。

 子供たちは旬を迎えた本マグロの2キロの塊や1・5キロのタイを刺身にしたり、講師に手伝ってもらいながらアジを開きにして干物を作った。

 昼食には調理したマグロとマダイの刺身、タイのアラ汁を試食した。[....]