新漁業船「白萩丸」完成、日本漁船の操業安全へ

2021年7月19日

新漁業取締船「白萩丸」

 水産庁の漁業取締船・白萩丸が、建造中の三井E&S造船㈱玉野艦船工場(岡山・玉野市)で完成し、15日に引渡式が行われた。同社が建造し昨年3月に完成した漁業取締船・白嶺丸および白鷲丸と同一仕様で、総トン数は916トン。福岡県の九州漁業調整事務所に配属され、日本漁船の操業安全を確保する。

 新・白萩丸は全長68・45メートル、型幅10・60メートルで、最大31人の乗船が可能。悪質かつ巧妙、広域化する中国や北朝鮮などの違法操業漁船に対応するため、被代船の現・白萩丸(499トン、全長63・35メートル、型幅9・60メートル)より大型化した。航行時の安定性を高めたほか、取り締まりに関する最新鋭の設備も搭載している。[....]