新母船はもうかる漁業で/自民党捕鯨特別委

2021年3月1日

 自民党の捕鯨対策特別委員会(鶴保庸介委員長)が2月25日、東京・永田町の党本部で開かれ、2021年度の関連予算や操業について審議。関係団体からヒアリングを受けた。その中で共同船舶㈱が進める新母船の建造について所英樹同社社長は「『もうかる漁業』の対象として[....]