定置漁業研究・台風による高波と急潮㊤/東京大学・石戸谷博範

2021年4月5日

 最初に相模灘という海の名前を身近に感じたのは、神奈川県立湘南高校校歌(1933年、北原白秋作詞、山田耕筰作曲)の3番「澎湃と満つる潮は 相模灘ぞ この海 騰げよや 我が士気 波も頻吹けり」の歌詞でした。校歌ができた33年の神奈川県のブリ漁獲量は53万本、[....]