奄美養魚、ASCカンパチを本格出荷

2020年4月30日

奄美養魚の漁場

 マルハニチロ子会社の㈲奄美養魚(本社=鹿児島・瀬戸内町、藤田耕太郎社長)は5月2日から、水産養殖管理協議会(ASC)認証を世界で初取得したカンパチを本格出荷する。

 10日までの9日間かけ、5000尾をイオングループにフィレーで納入。北海道と沖縄を除く全国の「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」などで、刺身や寿司で販売される。

 奄美養魚は昨年7月に、カンパチでは世界初のASC認証を取得した。マルハニチログループは「責任ある養殖」によって生産した同認証商品の取り扱いを拡大させており、「今後も飼料の改善、環境への配慮を高めることで、持続的でおいしいカンパチを提供」していく方針だ。[....]