大日本水産会水産功績者、鈴木仙都魚類社長ら32人に

2018年10月18日

 大日本水産会(白須敏朗会長)は16日、2018年度の水産功績者32人を決定した。JFいしかわの笹原丈光組合長、岩手県沖合底曳網漁業協会の金澤俊明会長、熊本県海水養殖漁協の深川英穂組合長、仙都魚類の鈴木文史朗社長、JF久良漁協の竹田英則組合長、北海道信漁連の横内武久会長、東京海洋大学の松山優治元学長、ホウスイの髙橋昌明前社長らが選ばれた。[....]