夏漁の花形、今年初のまき網クロマグロ/宮城・塩釜港

2021年5月11日

塩釜港に初水揚げされるまき網クロマグロ

宮城県の塩釜魚市場に7日、今年初めてまき網物の生鮮クロマグロ21・1トンが水揚げされた。昨年より8日早く姿を現した“夏漁の花形”に、関係者は「最高の滑り出し。本番へ弾みがつく」と大いに沸き立った。

       ◇       ◇       ◇

 水揚げしたのは㈱福島漁業(青森・八戸市)が所有する近海まき網船団の運搬船・第16惣宝丸。当日未明に茨城・日立鹿島沖で漁獲した190本を持ち込んだ。平均目回りは110・8キロとかなり大きめ。荷捌き場は黒光りする巨躯に埋め尽くされ、買受人の誰もが少し興奮気味に目利きしていた。[....]