全国規模で初、養殖クロマグロ品評会

2021年2月24日

クリックで画像を大きく表示します

出品者、専門審査委員による記念撮影。中央で賞状を持つのが唐澤社長

 初となる全国規模の養殖クロマグロ品評会が20日、東京・渋谷区の服部栄養専門学校で開催され、最優秀賞は高知県の道水中谷水産㈱(唐澤薫社長)が受賞した。審査委員長を務めた服部幸應校長は「(審査で)マグロを食べて、養殖業者の方の努力を感じることができた。マグロが絶滅危惧種として食べられなくなっては残念。ぜひ養殖業も続けてほしい」と事業者へエールを送った。専門審査員賞は長崎県の㈱ツナドリーム五島(高橋誠社長)が、一般審査員賞は同じく長崎県の㈲橋口水産(橋口直正社長)が受賞した。

       ◇       ◇       ◇

 全国養殖クロマグロ品評会は日本水産資源保護協会と海のくに・日本が立ち上げた国産水産物販売促進協議会が、新型コロナウイルスの影響で売り先を失った高級クロマグロの消費拡大を目指し開催した。コロナの影響が続いている中、参加者を限定し消毒や換気などの対策を徹底して行われた。[....]