佐渡の小・中学生、魚捌きに挑戦

2022年6月20日

 地元の漁業に関心と興味をもってもらおうと、新潟・佐渡市立内海府小・中学校(両津地区鷲崎)の全校児童・生徒計9人が同校主催で、漁師から魚の捌き方を学んだ。

 会場は内海府漁業生産組合の作業用の施設内。講師で調理師資格を有する多田好正組合長の〝熱い〟指導を受けながら、恐る恐るイカやアジ、コウグリ、イナダの4種類の魚に包丁を入れていく子供たち。[....]