三崎港から湘南丸出航

2022年5月2日

クリックで画像を大きく表示します

岸壁越しに家族に手を振る乗船生徒㊨

 神奈川県立海洋科学高校(石垣隆校長)の実習船・湘南丸の出港式が4月23日、三崎港花暮岸壁で行われた。乗船生徒は船舶運航コース3年生38人(女性4人を含む)と、専攻科生14人の計52人。約2か月間の遠洋航海では、航海系・機関系の実践的な学びに加え、マグロはえ縄漁業の実習も行う。  

 新型コロナウイルス感染対策として生徒たちは、PCR検査の実施、2週間の隔離期間を設けた。出港式には人数を制限し、一部の教員と生徒の家族3人までの参加にとどめている。さらに、生徒や乗組員が乗船後、岸壁越しに十分な距離を確保したうえでの見送りとなった。 [....]