一水産を訪ねて/3倍体のシングルシードカキ養殖

2021年7月8日

シングルシードカキ養殖を熱く語る前田社長

 昨秋、身の大きな3倍体のシングルシードカキで注目を集めた徳島・阿南市の一水産(前田将社長)。カキ漁場を見学させてもらうとともに、現在の養殖などについて話を聞いた。

       ◇      ◇      ◇

 徳島市から車で1時間弱、一水産はシングルシード方式ですべて3倍体のカキを養殖する。バスケットなどにカキを入れ、波で揺らしつつ生育する。

 同社の養殖海域は、阿南市・亀崎漁港から船で15分ほど。県内最長の那賀川と同市内を流れる桑野川(いずれも1級河川)からの両河川水が流れ込む海域で、水深は3~4メートルほど。

 船で近づくと無数の黒い浮標が浮かぶ。[....]