一印旭川が独自通販サイト、道外顧客や“プロ”も購入

2024年5月31日

クリックで画像を大きく表示します

「一印おさかな市場」のトップ画面

 北海道旭川市の卸、(株)一印旭川魚卸売市場(猪早宣之社長)は、独自の通販サイト「一印おさかな市場」を運営し、道外の消費者らから支持を得ている。今後、市場卸の調達力や情報力を強みにさらにアイテムを充実させ、販売拡大を目指す。

       ◇       ◇       ◇

 猪早社長によると、電子商取引(EC)事業は「主軸の卸売事業とは別の、もう一つの軸となる事業」を模索する中で構想。通販事業ノウハウをもつ専門業者の協力を受け、昨年10月にオープンした。

 北海道産の毛ガニやイクラ、ウニをはじめ、エビやカズノコ、塩辛、一夜干など、市場卸の目利きに基づく品質確かな商品アイテムを、仕入れから販売までのダイレクトな流通により、値頃で提供できるのが強みだ。[....]