マグロ需給見通し(7-9月)、国内生産やや減り輸入は前年並み

2016年9月16日

 水産庁は平成28年度第2回まぐろ需給協議会によるマグロ需給見通しを発表した。7~9月は前年と比べて、生産量は「やや減少」、輸入量は「前年並み」で、供給量全体は「やや減少」。卸売価格は赤身が「やや強含み」、脂物が「やや弱含み」で、全体では「前年並み」に推移すると見通した。[....]