ブルーカーボン本格活用、港湾区域でCO2削減

2022年3月9日

 国土交通省は全国125の港湾内の藻場や干潟などが光合成により二酸化炭素(CO2)を吸収する「ブルーカーボン」の総量を試算、7日に年間4・5万~13・9万トンと同日開催の検討会で発表した。日本のCO2総排出量に対し「決して多くはない」(担当者)がポテンシャルは [....]