ソデイカ 10年間で漁獲最低

2021年8月19日

水揚げされるソデイカ

 沖縄県におけるソデイカの2021年漁期(20年12月~21年5月)における漁獲量は過去10年間で最も少なかった。沖縄県水産海洋技術センターはこのほど、ソデイカ年報(レポート編)を発表した。漁獲状況は県内24漁協と水産公社への聞き取り、アンケート調査でまとめた。

          ◇          ◇         ◇

 漁期全体の漁獲量(漁協と水産公社分合計)は1561・5トン。今漁期はスタートの12月から翌年4月まで低調に推移。5月はこの10年間で最高の数量となったが、漁期全般では盛り上がりがなかった。前年実績(1729・4トン)の90%にとどまり、過去10年間で最も少なかった。過去5年間の平均2018トンも下回っている。[....]