シュリンプノート/アルゼンチンエビ終漁、1~10月は前年比23%増

2016年11月21日

 潤沢な搬入で国内のエビ市況で重要な位置を占めるようになったアルゼンチンアカエビが11月初旬、終漁した。1~10月の水揚量は14万4750トンで前年通期の水揚げ上回っている。大型船による船凍品の生産は終了し、このあとは沿岸の小型船による陸凍品の生産に移る。品質が安定しているなどで日本の買い付けの主力の船凍品だが、近年では陸凍品を原料とする製品販売も増えている。

「冷エビのアルゼンチンの水揚げ量」「冷エビのアルゼンチンからの輸入量」本紙参照