サケ1~6月、輸入量1割ダウン

2022年8月1日

 財務省が発表した通関統計によると、6月のサケ・マス輸入はチリギンをはじめ全体的に減少し、引き続き前年以下にとどまった。前年割れは2月から続いており、1~6月上半期では前年同期の9割に届いていない。冷凍ではチリギンやベニが減少し、生鮮空輸も回復が遅れている。

「冷凍チリギンの月別輸入量の推移」「冷凍トラウトの月別輸入量の推移」「冷凍ベニの月別輸入量の推移」「冷凍チリギンの月別輸入状況」本紙参照[....]