コロナ対策で麻生大臣に予算確保要請/自民党かつお・まぐろ議連

2020年11月20日

麻生大臣(㊧から6人目)に要請する鈴木会長(その㊧)ほか議連メンバー

 自民党かつお・まぐろ漁業推進議員連盟(鈴木俊一会長)は18日、財務省に麻生太郎大臣を訪ね、新型コロナウイルス対策などで経営が悪化する漁業者を支援する緊急決議を申し入れた。11日の議連総会の決議事項で、カツオマグロ漁船が将来も安定して操業できるよう、漁業共済や「積立ぷらす」の拡充・強化などの対策を求めた。

 麻生大臣への申し入れは鈴木会長をはじめ、浜田靖一会長代理ら議連メンバー12人が参加。11日の総会でカツオマグロ漁業団体から窮状を聴取し、コロナ禍での操業実態をもとに作成した緊急決議が、喫緊の課題であることを訴えた。

 要請を終えた鈴木会長は記者団に対し、2021年度当初予算および20年度補正予算における関連事業の満額確保を要望。支払いが急増する漁業収入安定対策(漁業共済、積立ぷらす)について、「今年度は予備費を使う約束がある」(鈴木会長)というものの、来年度もコロナの[....]