「最重要は生態系の価値」、日経調提言の先は、小松正之氏

2018年10月18日

 日本経済調査協議会(日経調)の第2次水産業改革委員会、通称・髙木委員会が7月、水産改革の中間提言をまとめた。来春4~5月には、改革のスケジュールを示し水産業の幅広い分野の検討を行って最終提言をまとめる。主査を務めた小松正之東京財団政策研究所上席研究員に聞いた。[....]