【ととけん】2016年6月問題

Q1. 江戸前寿司や天ぷらに欠かせないある魚は産卵前の6月が旬。この魚の旬を説明した言葉を選びなさい。[2011年(第2回)3級(初級)から出題]
①6月のアジは絵に描いたものでも食え
②6月のコハダは絵に描いたものでも食え
③6月のキスは絵に描いたものでも食え
④6月のコチは絵に描いたものでも食え
A.答えを見る
Q2.旬の6月から7月にかけて、ぐんと脂がのりおいしくなるある魚。春先よりEPA(中性脂肪を減らす働きがある不飽和脂肪酸)が増えるといいます。この魚のおいしい時季を表す言葉を選びなさい。[2012年(第3回)2級(中級)から出題]
①入梅タイ
②入梅イワシ
③入梅ブリ
④入梅カツオ
A.答えを見る
Q3.骨が非常に硬いことから「カジヤゴロシ」の異名を持つある魚と、その旬を表した言葉を選びなさい。[2011年(第2回)1級(上級)から出題]
①梅雨イサキ
②梅雨カワハギ
③夏至カマス
④冬至フグ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER