【ととけん】2020年3月問題

Q1.春の広島湾は、産卵のために浅瀬に押し寄せエサを漁る“乗っ込みチヌ”で大賑わいです。チヌと呼ばれるこの魚を選びなさい。[3級(初級)から]

①アイナメ
②クロダイ
③サワラ
④マダイ

A.答えを見る
Q2.もとは外来船のバラスト水に混ざって運び込まれた貝ですが、漁獲量も右肩上がりで船橋市漁港ではこの10年で8倍にまで増え、今や千葉県の春を代表する貝です。大粒で肉厚な身は食べ応え十分、しかも二枚貝なのに砂抜きがほぼ不要という扱いやすさ。この貝を選びなさい。[2級(中級)から]

①アカガイ
②アカニシ
③ホンビノスガイ
④ムラサキイガイ

A.答えを見る
Q3.このエビ専用の漁はなく、カニやボタンエビ漁に交ざって稀に揚がるので「幻のエビ」といわれています。生の甘みはクルマエビより上、甘エビにないプリッとしした食感と評判も良く、一度食べたらエビの中で一番という人もいるほど。「ゴジラエビ」という異名を持つこのエビを選びなさい。[1級(上級)から]

①イバラモエビ
②ウシエビ
③ウチワエビ
④ヒゴロモエビ

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER