【ととけん】2020年1月問題

Q1.「鯛に味噌なし、伊勢に塩なし」とは素材の味をそこなう調味はしないということを表した言葉です。ここに出てくる「伊勢」が表す魚介の種類を選びなさい。[2015年(第6回)3級(初級)から]

①アワビ
②エビ
③ハマグリ
④フグ

A.答えを見る
Q2.この貝は別名「福溜(ふくだめ)」と呼ばれ縁起がいいことから、含め煮などがお節や節句の神饌(しんせん)に用いられています。現在は数が激減して高級品になりましたが、以前は磯などでよく採れたこの貝を選びなさい。[2級(中級)から]

①アワビ
②サザエ
③シッタカ
④トコブシ

A.答えを見る
Q3.沖縄県南部の漁師町、糸満市には旧暦行事が色濃く根づいています。今年の旧正月は1月25日、クープ(昆布)結び、ラフテー、天ぷらなどが並ぶ正月の祝い膳の主役は近海で獲れる魚の刺身。沖縄で最も多く漁獲される、この魚を選びなさい。[2017年(第8回)1級(上級)から]

①カツオ
②シイラ
③トビウオ
④マグロ

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER