【ととけん】2019年8月問題

Q1.“見かけだけで中身はたいしたことのない人”を表す「__のサザエは口ばかり」という慣用句があります。下線部にふさわしい1文字を選びなさい。[2019年(第10回)3級(初級)から]
①磯
②沖
③夏
④春
A.答えを見る
Q2.佐賀県伊万里市波多津では、自然に近い環境の中で育てる養殖ものに力を入れています。7~8月、10~12月にはオガクズを敷いた箱で活きたまま出荷され、お取り寄せも人気です。この養殖ものを選びなさい。[2015年(第6回)2級(中級)から]
①ウニ
②クルマエビ
③シャコ
④ワタリガニ
A.答えを見る
Q3.新元号「令和」の出典元『万葉集』で一番多く詠まれている魚は、『日本書記』ではじんぐう皇后が戦の勝敗を占った魚として記されています。次の大伴(おおともの)家持(やかもち)の歌に詠まれている下線に入るその魚を選びなさい。[2019年(第10回)1級(上級)から]
①鮎
②鯉
うぐい
④鯔
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER