【ととけん】2019年7月問題

Q1.この魚介が成長した姿からは想像できませんが、幼生期はオタマジャクシのような姿で海を泳いでいます。定着する場所を見つけ、プランクトンや有機物を食べ成長し、パイナップルを思い起こさせる姿形になります。この魚介を選びなさい。[2012年(第3回)3級(初級)から]

①アワビ
②カメノテ
③ホヤ
④ナマコ

A.答えを見る
Q2.夏至から11日目の半夏生(はんげしょう)の日にこの魚を一人一尾丸ごと食べ、農作業で疲れた体に滋養を摂るという風習が福井県東部の奥越地方に伝わります。この魚の名を含む風習名を選びなさい。[2010年(第1回)2級(中級)から]

①半夏生鯛
②半夏生鯖
③半夏生鰈
④半夏生鰯

A.答えを見る
Q3.東のアンコウ、西のフグといわれるように東日本と西日本では魚の好みも分かれるところがあるようです。「西海にサケなく、東海にこの魚なし」といわれる、冬から初夏までが旬で漬け魚によく使われるこの魚を選びなさい。[2011年(第2回)1級(上級)から]

①アマダイ
②ハモ
③ブリ
④マナガツオ

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER