【ととけん】2019年4月問題

Q1.アサリのむき身の汁をご飯にかけた東京の下町の郷土料理は、隅田川より東のかつての貝の産地で誕生しました。しょうゆ仕立てと、炊きこみごはんタイプのものがある、この下町の味を選びなさい。[2018年(第9回)3級(初級)から出題]
①いがいめし
②きらすまめし
③深川めし
④はらこめし

A.答えを見る
Q2.日本各地で春先に産卵のために川を上ってくるこの魚を、「あみ」などですくいとります。ちらしずしや茶わんし、天ぷらに吸いもの、いずれもりょくてきですが、やはりのどごしのいいおどり食いは絶品。ハゼの仲間のこの魚を選びなさい。[2018年(第9回)2級(中級)から]
①イカナゴ
②キビナゴ
③シラウオ
④シロウオ
A.答えを見る
Q3.高知県では年に一度、ある魚の稚魚を肴に酒の飲みっぷりと早さを競う催し物が開かれます。催事名にも使われるこの魚の成魚を選びなさい。[2012年(第3回)1級(上級)から出題]
①アナゴ
②ウナギ
③イワシ
④アイゴ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER