【ととけん】2018年9月問題

Q1.熊本県の天草はあるエビの養殖を先がけた地で、その歴史は百年以上にわたります。エビ好きの日本人が最もたくさん食べている科に属す、このエビを選びなさい。[2013年(第4回)3級(初級)から出題]
①アマエビ
②クルマエビ
③サクラエビ
④ボタンエビ
A.答えを見る
Q2.開き干しや生干しが有名ですが、主産地・北海道では刺身やフライも人気の魚です。小骨も少なく身離れがよく食べやすく、大人から子どもまで大人気。アイナメ科のこの魚を選びなさい。[2010年(第1回)2級(中級)から]
①魳
②鯡
③𩸽
④鰈
A.答えを見る
Q3.秋口から初冬にかけてマグロはえ縄船によってこの地に水揚げされる生鮮メバチマグロは、当地の名を冠した“ひがしもの”として消費地市場で高い評価を受けています。全国有数の寿司店の密集地でも知られるこの水揚げ港を選びなさい。[2013年(第4回)1級(上級)から出題]
①塩竈(しおがま)
②銚子
③三崎
④境港
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER