【ととけん】2018年3月問題

Q1.北海道で春告げ魚と呼ばれるある魚の卵巣、数の子はおせち料理に、乾燥させた身欠きは伝統的な郷土料理にも使われます。この魚を選びなさい。[2015年(第6回)3級(初級)から出題]
①サケ
②タラ
③ニシン
④ホッケ
A.答えを見る
Q2.甲羅を持つことからその名が付いたコウイカは、産卵期の桜の季節に沿岸近くに寄って来るため、桜イカや花イカとも呼ばれます。コウイカの市場での通り名を選びなさい。[2010年(第1回)2級(中級)から]
①アオリイカ
②カブトイカ
③スミイカ
④マイカ
A.答えを見る
Q3.石川県穴水町の“まいもん(うまいもの)まつり”は季節ごとに年4回行われ、四季を代表する山海の幸が愉しめます。春には地元で“いさざ”という名で親しまれている海産物が欠かせません。いさざの標準和名を選びなさい。[2013年(第4回)1級(上級)から出題]
①アユ
②シロウオ
③ノリ
④ホタルイカ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER