【ととけん】2018年2月問題

Q1.全国からフグが集まるこの地の初セリはフグの主役、トラフグで始まります。フグを「フク」と呼び、様々なフク料理が愉しめる地を選びなさい。[2012年(第3回)3級(初級)から出題]
①若狭
②下関
③佐伯
④枕崎
A.答えを見る
Q2.凍るほどの寒さになるほどこの魚はおいしくなり、肝を溶いた濃厚なだし汁でいただく鍋はたまらなく美味で心も温まります。この魚の時季を表した言葉を選びなさい。[2012年(第3回)2級(中級)から]
①アンコウは梅が咲くまで
②カワハギは梅が咲くまで
③クエは梅が咲くまで
④ノドグロは梅が咲くまで
A.答えを見る
Q3..琵琶湖固有のこの魚は、大きいものでも体長15cm程度です。コイ科の中で最も美味との呼び声高く、冬場の素焼きは噛むほどにうま味がにじみ出るまさに旬の味です。この魚を選びなさい。[2011年(第2回)1級(上級)から出題]
①ヤリタナゴ
②オイカワ
③ハス
④ホンモロコ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER