【ととけん】2018年1月問題

Q1.人が踏み固めた後の方が歩きやすい雪道同様、煮るほどに身がほぐれ、だしが出ることから後から食べたほうがおいしくなるといわれる魚の汁物があります。これを表したことわざを選びなさい。[2011年(第2回)3級(初級)から出題]
①サケ汁と雪道は後がよい
②タラ汁と雪道は後がよい
③ブリ汁と雪道は後がよい
④フグ汁と雪道は後がよい 
A.答えを見る
Q2.寒い季節が旬で身の締まった淡泊な白身をもつこの魚は別名、君魚(きみうお)と呼ばれ、やんごとなき人々に愛されました。魚体は赤く、胸びれはエメラルドグリーンともいえる鮮やかな色を持つこの魚を選びなさい。[2010年(第1回)2級(中級)から]
①ホウボウ
②キントキダイ
③カサゴ
④アコウダイ
A.答えを見る
Q3.コイこく、洗いがおいしいコイの旬は寒い季節で、「寒鯉」は冬の季語として用いられます。漢字のつくりの「里」が意味するものを選びなさい。[2011年(第2回)1級(上級)から出題]
①エサ
②ウロコ
③棲息地
④寿命
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER