【ととけん】2017年9月問題

Q1.秋の味覚の代表格であるサンマは、塩焼きでは一尾丸ごと使われます。身だけでなく、内臓もおいしい理由を選びなさい。
[2011年(第2回)3級(初級)から出題]
①骨が少なく身離れがいいため
②消化が驚異的に速いため
③胃や腸が大きく長いため
④エサをほとんど食べないため
A.答えを見る
Q2.千葉、静岡、三重が主産地のこの魚介は、刺し網漁などで漁獲されます。月夜は海が明るく、網が見えて魚介が逃げてしまうといわれ、闇夜を選んで漁が行われるこの魚介を選びなさい。
[2012年(第3回)2級(中級)から出題]
①アマダイ
②イセエビ
③ヒラメ
④ケンサキイカ
A.答えを見る
Q3.相模湾の秋を彩るこの魚は“小田原開き”の干物としても広く知られます。小田原沖の定置網で漁獲されるこの魚を選びなさい。
[2016年(第7回)1級(上級)から出題]
①アマダイ
②イボダイ
③カマス
④サンマ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER