【ととけん】2017年8月問題

Q1.生殖巣が大きくなる産卵期は食用に適さないマガキは、「アルファベットのRのつかない月に食べるな」といわれます。ただし、イワガキは例外です。その最盛期の季節が付いたイワガキの別名を選びなさい。
[2013年(第4回)3級(初級)から出題]
①春ガキ
②夏ガキ
③秋ガキ
④冬ガキ
A.答えを見る
Q2.火を通すと淡白な白身が旨みを増し、身離れが良くてほろりとした食感がたまりません。相次いでブランド化されている九州各地ではいずれも“銀”の名が冠されているこの魚を選びなさい。
[2014年(第5回)2級(中級)から出題]
①スズキ
②サヨリ
③タチウオ
④ハモ
A.答えを見る
Q3.三陸の沖合では夏から秋にかけ、この魚を追ったマグロがやって来ます。マグロの漁獲が期待できることから、地元の漁師は、この魚を“福来”と呼び、待ち望みます。鮮魚より麺つゆの削り節として知られるこの魚を選びなさい。
[2013年(第4回)1級(上級)から出題]
①マルソウダガツオ
②カツオ
③メカジキ
④マカジキ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER