【ととけん】2017年7月問題

Q1.日差しが強くなって麦わら帽子をかぶりだす夏に旬をむかえるこの魚介は、“麦わら”と呼ばれています。関西では半夏生に食べる風習がある、下線部に入るこの魚介を選びなさい。
[2016年(第7回)3級(初級)から出題]
①アワビ
②サザエ
③タコ
④タラ
A.答えを見る
Q2..こんがり焼いた身に醤油をさした時のジュッという音がたまらないサンマ。7月になるとある港の“サンマ初出荷”というニュースが流れ、いよいよサンマシーズンの幕開けとなります。この漁港を選びなさい。[2010年(第1回)2級(中級)から出題]
①根室
気仙沼けせんぬま
女川おながわ
④銚子
A.答えを見る
Q3.細長い棒状の魚体の3分の1はあろうかという長いくちばしを持つ個性的な姿の魚。身肉部分が少なくコストパフォーマンスはいまひとつともいえますが、極上の味を持ち希少なことから料理人の憧れの的。夏に旬を迎えるこの魚を選びなさい。[2014年(第5回)1級(上級)から出題]
①サヨリ
②アカヤガラ
③ダツ
④ギンポ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER