【ととけん】2017年6月問題

Q1.江戸前寿司に欠かせないこの魚は、東京では梅雨の前後が旬で“梅雨の水を飲んでうまくなる”といわれます。この魚を選びなさい。
[2010年(第1回)3級(初級)から出題]
①アナゴ
②イワシ
③マグロ
④スズキ
A.答えを見る
Q2.清流に棲むこの魚の旬になると河原に自生するたで。これを裏ごしして、酢でのばした蓼酢がこの魚の味に清涼感をもたらします。初夏の解禁日を心待ちにしている太公望も多いこの魚を選びなさい。[2016年(第7回)2級(中級)から出題]
①雨子
②山女
③鮎
④岩魚
A.答えを見る
Q3.福岡県の春を代表するプライドフィッシュに選ばれたある魚は、地元ではメンボという名で通っています。市場では同種の魚と区別するため“長ハゲ”と呼ばれるこの魚を選びなさい。[2016年(第7回)1級(上級)から出題]
①ウスバハギ
②ウマヅラハギ
③カワハギ
④モンガラカワハギ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER