【ととけん】2017年5月問題

Q1.ほっそりしていて銀色に輝く姿から「海の貴婦人」といわれるサヨリは、産卵が近づくと群れをなして岸にやって来ます。サヨリの産卵の季節を選びなさい。
[模擬問題3級(初級)から出題]
①春
②夏
③秋
④冬
A.答えを見る
Q2.引きが楽しめるターゲットとして初冬から5月まで、この魚を狙い釣りに出かける太公望も少なくありません。この魚の釣果が期待できる「風がなく穏やかな波(凪/なぎ)」を指した言葉を選びなさい。[2016年(第7回)2級(中級)から出題]
①イサキなぎ
②ハゼ凪
③メジナ凪
④メバル凪
A.答えを見る
Q3.房州産の5月から9月中旬に採れる殻の長さが12cm以上のこの貝は、同種のトップブランドとして知られています。奈良時代の木簡にもその名が残る、千葉県の歴史的特産物であるこの貝を選びなさい。[模擬問題1級(上級)から]
①アカガイ
②イワガキ
③クロアワビ
④サザエ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER