【ととけん】2017年12月問題

Q1.伊豆・稲取で多く獲れるこの深海魚は、地元の祝い膳やもてなし料理に欠かせません。目が大きく赤い体色の白身魚で、冬に脂がのっておいしいこの魚を選びなさい。[2010年(第1回)3級(初級)から出題]
①カジカ
②キンメダイ
③アカムツ
④キチジ
A.答えを見る
Q2.年明けの築地市場のマグロ初競りに劣らず築地の市場人たちを沸き立たせる寒ブリはまさに師走の千両役者。夏から秋に北海道沖まで上った寒ブリは日本海を回遊南下し、12月初めから北陸で水揚げされます。佐渡や富山湾で寒ブリを獲る大敷き網という漁法を選びなさい。[2013年(第4回)2級(中級)から]
①引き網
②流し網
③定置網
④はえ縄
A.答えを見る
Q3.茶色のボディーに淡い緑色の縞模様、そして赤い足と見た目はかなりビビッドなエビです。徳島ではひと回り大きくなる冬場が旬で、お節料理にも使われます。徳島でアシアカと呼ばれるエビを選びなさい。[2015年(第6回)1級(上級)から出題]
①ウシエビ
②ガスエビ
③クマエビ
④サルエビ
A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけんバナー
BACK NUMBER