<平成27年・年頭会見>本川一善・水産庁長官/資源管理などを軌道に

2015年1月6日

 1月5日、水産庁記者クラブ内で会見し「昨年は世界最大規模のジェットコースターに乗っていた感じ」と振り返り、今年は「資源管理など昨年に取り組んできたことを軌道に乗せたい」と抱負を語るとともに、平成26年度補正予算は9日、27年度本予算は14日に閣議決定される見通しを明らかにした。

 ?.昨年はアップダウンが激しかった。ICJ(国際司法裁判所)の判決に始まり、資源管理全体の議論、マグロの枠の管理、燃油高騰、小笠原のサンゴ問題に端を発した議員立法による罰則規定の強化など[....]