<今年1年を振り返る>西藤久三・食品産業センター理事長/原料高の製品安が続く

2014年12月15日

 経済動向については、「4月の消費税率引き上げに伴う価格転嫁が大きな課題だったが、全体では円滑に進んだ」と解説。経済全体では足踏み状態が続く中、雇用関係には改善がみられるものの、人手不足が深刻化。消費は伸び悩むなど、製造業の生産状況は一進一退であると指摘した。「経済全体は今、『踊り場』にいる状態。上るか下がるかの境目だろう」[....]