水産を救う/淺野和人・?大田ゲートウェイ社長⇔小松善久夫・タチウオ引網漁業者

2015年1月1日

 高度な技術力をもつものづくり企業が集まる東京・大田区で、揺れる船上でも正確に重さを量る秤や、単身で操業できる投縄装置が開発、製品化されている。開発に携わった大田ゲートウェイの淺野和人社長にとって、水産業界は未知の業界だったが、工業の発想と技術、経験で「やれることはたくさんある」と感じたそうだ。

 船上での計量・箱詰め品は、高鮮度を保ち、浜値を上げる有効策だが手間も[....]