水産を救う/坪内知佳・?GHIBLI代表取締役⇔長岡秀洋・萩大島船団丸団長

2015年1月1日

 翻訳・コンサルティング会社を起業していた坪内知佳さんは、地元の中型巻網漁業者に代わり、農林水産省の6次産業化支援事業に応募する計画書の「書類書き」を手掛けることになった。水産での第1号認定となったが、漁業の内情を知り、得た感想は、「漁師の経営は、一瞬で抜けるほど目の粗い笊」。

 これまでは何年かに一度、かさんだ赤字を一気に返済できる漁があった[....]