串木野のマグロ漁業会社が経営統合へ、「串木野マグロ?」設立

2014年12月12日

マグロ漁業基地・串木野に、新しいマグロ漁業会社・串木野まぐろ?が誕生していたことが、10日までに分かった。新会社は、地元のマグロ漁業会社4社の代表らが出資し10月に設立、出資した4社の既存船9隻を買い取る。

 すでに1隻は購入済みで、最終的には6隻での経営が見込まれている。新会社は、実質的な経営統合の一歩とみられ、遠洋マグロ漁業経営の経営体質強化に向けたモデルケースの一つになりそうだと注目されている。

新会社に出資したのは、いちき串木野市に事務所を構える浜崎水産(浜崎義文社長)、早崎水産(早崎達哉社長)、松栄水産(上夷和輝社長)、松福水産(今村勝美社長)の4社代表ら。資本金は設立時で200万円となっているが、順次増資し資本強化する。

新会社社長には、同じ串木野でマグロ漁業を経営する神崎水産社長で、鹿児島まぐろ船主協会の会長を務める上竹秀人氏が就任し[....]